中古マンション東京の事情

中古マンションの東京事情に関して

数年前から不動産の取引が活況だと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?動きがあるのは東京の不動産事情だけのような気がします。そこでここでは東京の中古マンションに関しての現在の状況はどうなのか?という部分にトピックを当ててみたいと思います。

中古マンション東京で探すなら

東京の中古マンションはどうか?2020年の東京オリンピックに向けて湾岸エリアはかなり活況といえるでしょう。それでは東京都はいえ、郊外のエリアはどうでしょか?多摩地区・八王子エリアの方の不動産業者様に聞くとそうでもないらいしい。ただし、こちらのエリアでは良いときにものすごく売れ行きがよくなるわではない代わりに悪い時もさほど売れなくならないらしい。

では都心部が好調なのでしょうか?かなり好調といわれてます。都心部では新築マンションも、金額が高くなってきている割には、好調のようです。目黒の駅前でタワーマンションが売り出しましたが、即日完売らしい。やはり好調のようです。

中古マンションは新築マンションの価格上昇からしばらくたってから、金額があがっていく傾向があるので、今はだいぶ上がっている状況ではないのだろうか?

今はだいぶ上がりきったというのが、正直なところで、湾岸エリアに限らず都心部のエリアでは中古マンションの価格もだいぶ落ち着いてきたように思える。

落ち着いてきたとはいえ、以前に比べるとかなり高くなっている。中古マンション東京は活況ではなく、だいぶ落ち着いてきた状況といえるのではないだろうか。

ただし、落ち着いたとはいえ、現在物件価格はまだ高止まりしている。それが高止まりなのか?以前が以上に安かったかはわかりませんが、とにかく今は15年くらい前からあがり続けていた不動産価格が、リーマンショックで下がり、その後またあがってきて、リマンショック以前の高かった時代と同等の金額になっているという事でしょう。

その中でも、中古マンション東京について考えてみたいと思ってます。

≪PR≫
中古マンション相場や中古マンションリフォームのことなら